• HOME
  • 交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故問題でお悩みの方へ

DSC_1745.jpg  
車はいまや一家に一台ではなく、一人に一台保有されるくらい、私たちの生活において欠かせないものになっています。車は大変便利な乗り物ではありますが、ちょっとした運転のミスが大きな事故につながってしまうことも少なくありません。
 
また、自分自身の運転操作にミスがない場合や、道を歩いているというような場合でも、突然の事故に巻き込まれてしまうこともあります。

交通事故と聞くと、「自分は交通事故に遭わないから大丈夫」とお思いになられる方もいるかもしれませんが、日本では現在年間60万件以上の交通事故が発生しており、突然交通事故に巻き込まれてしまうことも、決して他人事ではないのです。

 

しかし、日頃から「もしかすると交通事故に合うかもしれないから」と、交通事故に直面した場合の対処について、お考えになられていることはほとんどありません。そのため、交通事故直後は被害者はパニックに陥ってしまい、「何をどうすれば良いか分からない」という状況に陥ることも少なくありません。
 
また、交通事故に遭うと、交通事故の専門家である保険会社とのやり取りが発生しますが、「事故で負った怪我の治療をしている経過途中であるにもかかわらず、保険会社から治療費の打ち切りを通告されてしまった。」、「保険会社から事故の賠償金に関する提示があったが、提示が適正かどうか分からない。」など、保険会社とのやり取りに関するご相談いただくことも少なくありません。
 
その上、保険会社から交通事故被害者に支払う賠償金は裁判等において本来認められるべき賠償額よりも少額であることも少なくありません。にもかかわらず保険会社から提示される賠償金を、「交通事故の専門家である保険会社からの賠償金提示だから正しいのだろう」と、何も疑うことなく信用し、示談に応じてしまうことが発生しています。
 
このような場合、交通事故問題の専門家である弁護士が保険会社と交渉することによって、適正な賠償額に増額することが可能です。ケースによっては、賠償金が当初の提示額から数倍にも増額される例もあるのです。
 
交通事故被害に遭った場合には、適正な賠償金額を受け取ることができるようにするためにも、まずは早期の段階から交通事故の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
 

交通事故の損害賠償に関してはこちらもご覧下さい。

●交通事故問題解決のポイント ●損害賠償の3つの基準 ●賠償金の計算方法
●入院時の損害賠償 ●過失割合・過失相殺とは? ●弁護士に相談するタイミング

交通事故でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop11.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg