• HOME
  • 解決事例
  • 後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例

後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例


1、依頼の背景

交通事故で骨折し、骨折は治ったものの骨折部位に痛み等が残っている状態。
自賠責保険の事前認定で後遺障害非該当となり、相談に来所。

2、当事務所の対応

診断書等、治療経過に関する資料を取り寄せ、怪我の内容、事故直後からの症状の経過、現在の状態を診断書と照らし合わせて説明するとともに、被害者の職業にも言及した異議申立書を提出。

3、結果について

後遺障害第14級9号に変更された。

4、担当弁護士の所感

事故後は、主治医とよくコミュニケーションを取りながら、治療を継続することがとても大事です。
しかし、治療を受けても、残念ながら後遺障害が残ってしまうことがあります。

後遺障害はさまざまありますが、「痛み」は目に見えないものであることから評価が難しく、異議申立等を行っても結果が出ないこともありますが、説明を丁寧にすることで結果を変えることができた事例として紹介します。


当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  実際の減収が無い場合の後遺症の逸失利益の増額
2  幼稚園の子供を一人遺して死亡したシングルマザーの示談金の増額
3  自動車接触事故の相手方の過失を反対尋問で明白化
4  高次脳機能障害の被害者の事例
5  頸椎捻挫(むちうち)において逸失利益等の増額がなされた事例
6  お子様を交通事故で亡くされたご両親の事例
7  事故状況に大きな争いがあった場合の解決事例
8  高次脳機能障害で4000万円近くの増額がなされた事例
9  後遺障害14級9号の後遺障害を追った被害者が350万円の賠償金の増額に成功した事例
10  死亡事故について赤本基準を大幅に上回る金額で示談できた事例
11   交通事故の被害者が、加害者の自賠責への保険金請求権を差押え、転付命令を取得して、120万円を回収した事例
12  後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg