• HOME
  • 解決事例
  • 特に争いのない事故で賠償金額を110万円増額できた事例

特に争いのない事故で賠償金額を110万円増額できた事例


Aさん(20代男性)は自転車で走行中、交差点で左折車に捲き込まれそうになり、驚いて転倒し骨折してしまいました。
 
左折車がAさんの自転車に接触したわけではありませんが、左折車の不注意な運転によってAさんが怪我を負ったことは明らかです。
このような場合、被害者が加害車両に接触していない場合でも、基本的には交通事故の被害者として損害賠償を請求することができます(非接触事故)。
幸い、この事故では相手方が因果関係や過失割合を争うこともなく、Aさんは、相手方保険会社の治療費負担で通院を続け、最終的に症状固定診断書に基づき後遺障害等級14級の認定を受けました。
 
その後、相手方保険会社から賠償額の提示があったため、Aさんは、提示金額が適正なのかどうか知りたいとのことで当事務所に相談にいらっしゃいました。

相手方保険会社の提示額は約180万円でしたが、内容を精査したところ、後遺障害による逸失利益について、①基礎収入の賃金センサスがAさんに即したものではない、②労働能力喪失期間が3年しか計上されていない、という問題があり、ほかにも14級の後遺障害慰謝料が裁判基準に比して低すぎるという問題点がありました。

そこで、当職がAさんから依頼を受けて代理人となり、それらの点を指摘して相手方保険会社と交渉したところ、最終的には110万円増額して約290万円の賠償を受けることで合意できました。

1か月弱の交渉期間で裁判にもならず、賠償額を提示額の1.6倍まで増額できたことで、Aさんには喜んでいただけました。
このように、相手方と特に争いがない場合であっても、弁護士が交渉することで、賠償額を保険会社の提示金額よりかなり増額できる場合もあります。
相手方保険会社から金額の提示があった際は、一度、当事務所に相談なさってみてはいかがでしょうか。

以上
 

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  実際の減収が無い場合の後遺症の逸失利益の増額
2  幼稚園の子供を一人遺して死亡したシングルマザーの示談金の増額
3  自動車接触事故の相手方の過失を反対尋問で明白化
4  高次脳機能障害の被害者の事例
5  頸椎捻挫(むちうち)において逸失利益等の増額がなされた事例
6  お子様を交通事故で亡くされたご両親の事例
7  事故状況に大きな争いがあった場合の解決事例
8  高次脳機能障害で4000万円近くの増額がなされた事例
9  後遺障害14級9号の後遺障害を追った被害者が350万円の賠償金の増額に成功した事例
10  死亡事故について赤本基準を大幅に上回る金額で示談できた事例
11   交通事故の被害者が、加害者の自賠責への保険金請求権を差押え、転付命令を取得して、120万円を回収した事例
12  後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例
13  頸椎捻挫(むちうち)において賠償額の増額がなされた事例
14  足の指の圧痛(後遺障害14級)の被害者につき,賠償額が約130万円増額した事例
15  特に争いのない事故で賠償金額を110万円増額できた事例
16  後遺障害第14級に該当しないとされた案件について異議申立てを行った事例
17  主婦の休業損害と逸失利益などで賠償金額を120万円以上増額できた事例
18  20歳学生の後遺障害1級に基づく慰謝料・逸失利益・在宅介護費・住宅車両改造費の請求事例
19  介護施設入所後の親族介護費は認められるか

交通事故でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop11.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg