• HOME
  • 解決事例
  • 主婦の休業損害と逸失利益などで賠償金額を120万円以上増額できた事例

【解決事例】主婦の休業損害と逸失利益などで賠償金額を120万円以上増額できた事例

Aさん(40代女性)は自動車を運転中、後方から追突されて頸部捻挫等の怪我を負いました。
Aさんは半年ほど通院し、症状固定で後遺障害等級14級と診断されました。
その後、相手方保険会社から賠償額の提示があり、当職がご相談を受けました。
 
保険会社の提示では、通院中の休業損害について、
当時Aさんが勤務していたパートの日給を基準にしていた上、
実際の通院日数よりずっと少ない数日分しか計上されていませんでした。
また、後遺障害による逸失利益についても、パート収入を前提として算定されていました。
ほかにも通院慰謝料や14級の後遺障害慰謝料が裁判基準に比して低すぎるという問題点もありました。
 
そこで、当職がAさんから依頼を受けて代理人となり、
①パート収入がある場合でも、女性労働者の平均賃金より低い場合は、
 休業損害を算定する際の基礎収入は女性労働者の平均賃金を用いるべきである、
②逸失利益についても同様に算定すべきである、
③通院慰謝料や後遺障害慰謝料は裁判基準によるべきである、
という3点を主張して相手方保険会社と交渉しました。
その結果、保険会社もこの3点を基本的に受け入れ、
最終的には120万円以上増額することで合意できました。
 
主婦の休業損害や逸失利益については、
パート収入があればそれを前提に算定すると思っている方も多いようですが、
専業主婦であっても、パート収入がある主婦であっても、
原則として女性労働者の平均賃金を基礎収入として算定するのが実務の取扱いです。
Aさんも、弁護士に相談するまではパートだから仕方がないと思っていたそうです。
相手方保険会社から賠償額の提示があった際は、一度、当事務所に相談なさることをお勧めします。

(弁護士 翠川洋)

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  実際の減収が無い場合の後遺症の逸失利益の増額
2  幼稚園の子供を一人遺して死亡したシングルマザーの示談金の増額
3  自動車接触事故の相手方の過失を反対尋問で明白化
4  高次脳機能障害の被害者の事例
5  頸椎捻挫(むちうち)において逸失利益等の増額がなされた事例
6  お子様を交通事故で亡くされたご両親の事例
7  事故状況に大きな争いがあった場合の解決事例
8  高次脳機能障害で4000万円近くの増額がなされた事例
9  後遺障害14級9号の後遺障害を追った被害者が350万円の賠償金の増額に成功した事例
10  死亡事故について赤本基準を大幅に上回る金額で示談できた事例
11   交通事故の被害者が、加害者の自賠責への保険金請求権を差押え、転付命令を取得して、120万円を回収した事例
12  後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例
13  頸椎捻挫(むちうち)において賠償額の増額がなされた事例
14  足の指の圧痛(後遺障害14級)の被害者につき,賠償額が約130万円増額した事例
15  特に争いのない事故で賠償金額を110万円増額できた事例
16  後遺障害第14級に該当しないとされた案件について異議申立てを行った事例
17  主婦の休業損害と逸失利益などで賠償金額を120万円以上増額できた事例

交通事故でお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop11.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg