【解決事例】交通事故での高齢者の高額賠償事例3件

1 高齢の独居老人が自転車で走行中に四輪車にはねられて脳挫傷の重傷を負い、後遺障害等級別表1第2級1号と認定されたケース


被害者 男性(80歳)
事故状況 自転車で走行中に四輪車にはねられた
後遺障害等級

別表1 第2級1号
(神経系統の機能に著しい障害を残し、
随時介護を要するもの)

賠償金額 約4440万円

【賠償金額の内訳】
(1) 傷害合計12,129,372円
(2)  逸失利益16,353,230円
   慰謝料23,700,000円(赤本第2級)
   将来の看護料5,041,140円
  後遺障害合計45,094,370円
(3) 総損害額57,223,742円
   5%過失相殺額2,861,187円 
   賠償額54,362,555円
   既払額9,879,121円
  支払額44,483,434円

★弁護士の交渉により当初提示額から1200万円超増額

2 夫と長男家族と暮らす主婦が白暮の夕方自転車で道路横断しようとしたところ四輪車にはねられて脳挫傷の重傷を負い後遺障害等級別表1第1級1号と認定されたケース


被害者 主婦(65歳)
事故状況 白暮の夕方自転車で道路横断しようとしたところ、
直進して来た四輪車にはねられた
後遺障害等級

別表1 第1級1号
(神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、
常に介護を要するもの)

賠償金額 約5150万円


【賠償金額の内訳】
(1)  傷害合計8,758,965円
(2)  逸失利益25,490,000円
   慰謝料28,000,000円(赤本第1級)
       近親者(夫、息子2人)慰謝料7,000,000円
       将来の看護料21,526,440円
      後遺障害合計82,016,440円
(3)   総損害額90,775,405円
        40%過失相殺額36,310,162円
        賠償額54,465,243円
        既払額2,920,371円
      支払額51,544,872円

★弁護士の交渉により、過失割合を50%から40%へ引き下げ、当初提示額より1900万円超増額

 3 交差点での衝突事故により同乗していた高齢女性が、外傷性くも膜下出血、脳挫傷の重傷を負い後遺障害等級別表1第1級1号と認定されたケース


被害者 女性(80歳)
事故状況 四輪車同士の交差点での出会い頭の衝突事故。
後部座席に同乗していた女性が外傷性くも膜下出血、脳挫傷の重傷を負った。
後遺障害等級

別表1 第1級1号
(神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの)

経済的利益 5800万円


【賠償金額の内訳】
(1) 傷害合計6,653,483円
(2) 逸失利益6,866,916円
    慰謝料28,000,000円(赤本第1級)
    近親者(娘2人)慰謝料4,000,000円
    将来の看護料21,754,776円
     後遺障害合計60,615,684円
(3) 総損害額67,269,167円
      10%過失相殺額6,726,917円
      賠償額60,542,250円
      既払額2,542,250円
     支払額58,000,000円

★弁護士の交渉により、当初提示額より2500万円超増額
以上
(弁護士 鈴木忠司)

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  実際の減収が無い場合の後遺症の逸失利益の増額
2  幼稚園の子供を一人遺して死亡したシングルマザーの示談金の増額
3  自動車接触事故の相手方の過失を反対尋問で明白化
4  高次脳機能障害の被害者の事例
5  頸椎捻挫(むちうち)において逸失利益等の増額がなされた事例
6  お子様を交通事故で亡くされたご両親の事例
7  事故状況に大きな争いがあった場合の解決事例
8  高次脳機能障害で4000万円近くの増額がなされた事例
9  後遺障害14級9号の後遺障害を追った被害者が350万円の賠償金の増額に成功した事例
10  死亡事故について赤本基準を大幅に上回る金額で示談できた事例
11   交通事故の被害者が、加害者の自賠責への保険金請求権を差押え、転付命令を取得して、120万円を回収した事例
12  後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例
13  頸椎捻挫(むちうち)において賠償額の増額がなされた事例
14  足の指の圧痛(後遺障害14級)の被害者につき,賠償額が約130万円増額した事例
15  特に争いのない事故で賠償金額を110万円増額できた事例
16  後遺障害第14級に該当しないとされた案件について異議申立てを行った事例
17  主婦の休業損害と逸失利益などで賠償金額を120万円以上増額できた事例
18  20歳学生の後遺障害1級に基づく慰謝料・逸失利益・在宅介護費・住宅車両改造費の請求事例
19  介護施設入所後の親族介護費は認められるか
20  交通事故と労災
21  医師から就労制限がされていなかった運転手の休業損害が認められた事例
22  胸椎圧迫骨折による脊柱変形で後遺障害8級相当となった事例
23  交通事故での高齢者の高額賠償事例3件
24  複数の事故にあった被害者につき,それぞれ増額された賠償金を受領した事例
25  示談内容の精査と適切な交渉により、約1400万円増額できた事例
26  後遺症11級の認定を受けた案件で保険会社提示よりも300万円の増額を得た事例
27  弁護士の交渉により、家事従事者性が認められ、約1000万円の賠償額を獲得できた事例
28  取り寄せた刑事記録を活用する等して、賠償額3500万円上げることができた事例

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg