• HOME
  • 解決事例
  • 複数の事故にあった被害者につき,それぞれ増額された賠償金を受領した事例

【解決事例】複数の事故にあった被害者につき,それぞれ増額された賠償金を受領した事例

①ご相談の背景・争点

ご相談者(自営業者)は,自動車の運転中に追突事故に遭い,頚椎捻挫等の傷害を負いました。
さらに,その治療期間中,歩行していた際に自動車に接触される事故に遭い,右腕に怪我をしてしまいました。
2つの事故により,それぞれ異なる部位の傷害を負い,通院されている状況でご相談にお見えになりました。
2つの事故の相手方保険会社もそれぞれ異なり,今後どのように対応すればよいか分からない,ということで,当事務所で受任の上対応することとなりました。


②弁護士の対応・結果

まずは,それぞれの怪我について,症状固定日まで通院を継続した後,後遺障害診断書の作成依頼等についてのサポートをさせていただき,最終的にはいずれの怪我についても後遺障害14級の認定がなされました。
その後は,重複請求とならないように留意しつつ,損害項目ごとに各事故の適切と考えられる損害額を算定し,それぞれの事故の保険会社と交渉を行いました。
休業損害や慰謝料額等について,当初は当方の請求と保険会社からの提示との間に隔たりもありましたが,最終的にはおおむね当方の請求に沿った内容で2つの事故とも示談が成立しました。

③所感

本件のように,事故による治療中に他の事故に逢う,というケースはそれほど多くはないかも知れませんが,そのような被害に遭われた場合には,2つの事故それぞれの保険会社に対応しなければならない上,賠償金額の算定についても難しい問題が生じることもあります。
そのような場合には,早めに専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めします。


以上
(弁護士 小向俊和)

 

当事務所で解決してきた事例の一部をご紹介させて頂きます。

No 解決事例
1  実際の減収が無い場合の後遺症の逸失利益の増額
2  幼稚園の子供を一人遺して死亡したシングルマザーの示談金の増額
3  自動車接触事故の相手方の過失を反対尋問で明白化
4  高次脳機能障害の被害者の事例
5  頸椎捻挫(むちうち)において逸失利益等の増額がなされた事例
6  お子様を交通事故で亡くされたご両親の事例
7  事故状況に大きな争いがあった場合の解決事例
8  高次脳機能障害で4000万円近くの増額がなされた事例
9  後遺障害14級9号の後遺障害を追った被害者が350万円の賠償金の増額に成功した事例
10  死亡事故について赤本基準を大幅に上回る金額で示談できた事例
11   交通事故の被害者が、加害者の自賠責への保険金請求権を差押え、転付命令を取得して、120万円を回収した事例
12  後遺障害非該当から第14級9号(局部に神経症状を残すもの)に変更された事例
13  頸椎捻挫(むちうち)において賠償額の増額がなされた事例
14  足の指の圧痛(後遺障害14級)の被害者につき,賠償額が約130万円増額した事例
15  特に争いのない事故で賠償金額を110万円増額できた事例
16  後遺障害第14級に該当しないとされた案件について異議申立てを行った事例
17  主婦の休業損害と逸失利益などで賠償金額を120万円以上増額できた事例
18  20歳学生の後遺障害1級に基づく慰謝料・逸失利益・在宅介護費・住宅車両改造費の請求事例
19  介護施設入所後の親族介護費は認められるか
20  交通事故と労災
21  医師から就労制限がされていなかった運転手の休業損害が認められた事例
22  胸椎圧迫骨折による脊柱変形で後遺障害8級相当となった事例
23  交通事故での高齢者の高額賠償事例3件
24  複数の事故にあった被害者につき,それぞれ増額された賠償金を受領した事例
25  示談内容の精査と適切な交渉により、約1400万円増額できた事例
26  後遺症11級の認定を受けた案件で保険会社提示よりも300万円の増額を得た事例
27  弁護士の交渉により、家事従事者性が認められ、約1000万円の賠償額を獲得できた事例
28  取り寄せた刑事記録を活用する等して、賠償額3500万円上げることができた事例

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg