• HOME
  • 解決事例
  • 1025)示談内容の精査と適切な交渉により、約1400万円増額できた事例

【解決事例】示談内容の精査と適切な交渉により、約1400万円増額できた事例

概要

事前提示額 2100万円
最終示談金額 約3500万円
傷病名 足首の骨折
後遺障害等級

12級              
 

弁護士特約 あり

★弁護士の交渉により当初提示額から1400万円超増額

事故の状況

被害者の方は、信号のない交差点で広い道を被害者がジョギング中、狭い道から来た乗用車が右折する際に接触し、足首を骨折してしまいました。

その後に治療を行いましたが、可動域障害が残ってしまいました。

被害者の方は事故時50代、大手企業に務める専門職の方で、定年後に独立開業したり、他の会社の顧問になることも想定されました。

当事務所の対応

事故直後からご相談いただき、保険会社との対応など、進め方を協議しながら進行しました。

症状固定後の相手方保険会社からの提示では、逸失利益について、勤務先の企業の定年が65歳であることから、その後については全年齢平均での収入をベースにした提示がなされました。

これに対し、当方からは、上記のとおり定年後も専門職として高い収入が得られる可能性が高いことを主張して交渉し、大幅な逸失利益の増額を勝ち取りました。

結果

最終的には当初提示額から約1400万円の増額を得ることができました。

担当弁護士の所感

専門職や高所得者(会社役員・高収入サラリーマン)であっても、相手方保険会社は将来における逸失利益の算定において配慮してくれないことが多く、実際の収入からかけ離れた金額が算定のベースとなることがあります。

弁護士に相談・依頼しないことによって、逸失利益を実際より少なく算定されたまま示談書を締結してしまう可能性があります。

働き方や収入はみなさんそれぞれですので、弁護士にあなたの状況をお伝えいただき、個別に交渉することが、適切な逸失利益の獲得に繋がります。

以上
(弁護士 渡邊弘毅)

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg