• HOME
  • 解決事例
  • 1026)後遺症11級の認定を受けた案件で保険会社提示よりも300万円の増額を得た事例

【解決事例】後遺症11級の認定を受けた案件で保険会社提示よりも300万円の増額を得た事例

概要

事前提示額 480万円
最終示談金額 790万円
傷病名 両腕の骨折
後遺障害等級

11級              
 

弁護士特約 なし

★弁護士の交渉により当初提示額から300万円超増額

事故の状況

自転車で青信号の横断歩道を走行中、右折してきた乗用車に横からはねられてしまい、両腕骨折の怪我をされてしまいました。

治療後も両腕において可動域制限が残り、11級の後遺障害の等級認定を受けました。

症状固定後、保険会社から提示された支払提示額は480万円でしたが、その算定内容に納得できず当事務所にご相談に至りました。
 
弁護士費用特約をつけていらっしゃいませんでしたので、着手金0円でご依頼いただきました。

当事務所の対応

赤本基準をベースに保険会社と交渉したところ、慰謝料額を引き上げることができました。

結果

最終示談金額は790万円であり、約300万円の増額ができました。

担当弁護士の所感

弁護士費用特約が無かった方でしたが、受け取られた賠償金額から弁護士費用をお支払いいただいても余りある賠償額を獲得できた事案でした。

弁護士費用特約がなく、依頼や相談をご躊躇されることもあるかもしれませんが、当事務所では、まず無料相談をしていただき、増額の可能性と費用の見通しを含め、弁護士に相談することができます。

状況にもよりますが、費用倒れとならないケースも多くありますので、まずは当事務所へご相談ください。


以上
(弁護士 渡邊弘毅)

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg