河北新報 週刊オーレ掲載記事「追突事故によるむちうち」

毎月第3週に発行される河北新報「週刊オーレ」に当事務所の弁護士が記事を掲載しています。
皆様の身近なお悩みに対してアドバイスしていますので、ホームページ上でも公開いたします。
ぜひご一読ください。


【新着記事】
2018年2月16日発刊の週刊オーレは、丸山水穂弁護士が担当しました!
KahokuOle20180216.jpg
 
 
交通事故/追突事故によるむちうち】
 
 
追突事故にあってむちうちとなり、通院中の方から「治療費は加害者の保険会社から出ているが、今後どのような補償が受けられるのか不安」というご相 談をいただくことがあります。
むちうちは、痛み等があるにも関わらず、目に見える所見がないことが多く、ケガとして軽視されがちであるため、お悩みの方が
多いのではないかと思います。
けれど、むちうちも、交通事故で生じた「傷害」 です。
ですから、通院状況に応じた慰謝料や休業損害の補償を求めることができます。

また、症状が重く、相当期間通院しても症状が残った場合、後遺症認定されるケースもあります。
後遺症として認定された場合は、後遺症に対する慰謝料、あるいは、後遺症により労働能力が減少したことに対する補償(逸失利益)も請求できます。
なお、弁護士依頼した方が補償が高額になる場合もあります。
辛い症状に悩みながら、補償についても悩むのは大変だと思います。
費用負担なく法律相談できる制度もありますし、是非お気軽にご相談ください。


 

022-214-2424|仙台市の弁護士へ交通事故被害のご相談予約 ご相談申し込みはこちら 相談表ダウンロード

google-indoor-view.png当事務所の特徴 交通事故解決のポイント 損害賠償の3つの基準 後遺障害について 後遺障害の種類 死亡事故の場合 ご相談の流れ 解決事例 弁護士費用事務所紹介 事務所アクセス 弁護士紹介

仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所へのアクセスマップ 当事務所の運営サイト 事務所サイト   

ImgLS9.jpg

ImgLS3_2.jpg